中古タイヤの購入:ステップガイド

なたの車に合ったタイヤを購入するためのガイド

新品のタイヤを購入するのが好きな方はあまりいません。車の部品の中で高い買い物で車にあったタイヤを選ぶのは難しいし、交換するのに一日の大半を必要とします。

でも古いタイヤを使うのは危ないし下手すれば道の外れに取り残される原因になってしまうのでやらないといけません。あなたの車に設置するタイヤを購入するときは数万円程度の最小限に押さえておくべきです。

新品のタイヤを購入する準備ができたら私たちの以下のステップガイドを通し、予算内であなたの運転と車に合うタイヤを探しましょう。

中古タイヤ

タイヤの購入:ステップガイド

  1. 新しいタイヤが必要か確認

    タイヤを交換する前に本当に必要か確認しましょう。もし車が偏ったり、滑ったり、ブレーキを踏んでいるのに止まらない場合はタイヤが原因じゃないかも…?もしくはタイヤに空気を入れるだけで解決するなんてことも。

    私たちの「タイヤの交換が必要か見てみよう」の記事は古いタイヤなどに見られる危険信号を教えてくれます。タイヤの空気を確認したり、穴や凸凹、トレッドの擦り具合など目で確認してみましょう。

  2. トレッド足りてますか?ペニーで確認してみよう

    ペニーをとってリンカーンの頭をタイヤの一番すり減ってる部分に入れてみよう。もしリンカーンの頭の上が見えたらタイヤの替え時です。プロなどはクォーターでチェックすることをお勧めしています。ワシントンの頭の上が見えたらそろそろタイヤを購入したほうがいいかも。

    すり減りすぎて危険になる前にタイヤを交換するのがお勧めです。急いでる途中に道のど真ん中でタイヤがパンクしたから店に常備してある適当なものを買うより、ちゃんと自分に合ったタイヤを購入する時間があれば節約できます。

  3. トレッドはあるけど今のタイヤは古すぎる?

    中古タイヤはある程度決まった年数しか安全ではありません。タイヤの横に製造日を意味する数字が記載されています。

    ブリッジストーンアメリカのプロジェクトエンジニアであるキース・ウィリアムはこう述べます。「タイヤは消費期限はないが、5年経てば精密にチェックしたほうがいい。10年経てばおそらく原型が変わり始めてるのでタイヤを交換すべきだ」

    多くの場合はタイヤが古くなる前にすり減りますが車を乗る機会が減る親の車を考えてみましょう。もしあまり乗ってないようであればまだ大丈夫か横に記載されてる日を確認しましょう。

  4. 合ったタイヤを選ぼう

    タイヤを選ぶ時、はまる大きさを見つけることだけが全部ではありません。自動車の最低条件を確認、あなた自身の運転、タイヤの寿命、運転する場所の天候と土地具合など様々な部分を理解しなければいけません。

    タイヤはあなたの自動車を支えるだけではありません。必要な時に牽引して、自信を持って運転をし、ブレーキをかける時最大限ホイールを保つことを前提としています。地面が乾いていても濡れていても同じ条件であり、大きな音を立てず、燃料消費なども踏まえた上でです。

    多くの自動車は最初からオールシーズンのタイヤを利用しています。パフォーマンスモデル用の自動車は夏タイヤを利用しているものが多いです。夏タイヤは雨などあまりしっかりしていなく、冬の時期は一番最悪な状態です。あなたが運転する場所の天候を常に考慮し、あなたが安全を脅かすタイヤは選ばないようにしましょう。

    運転席のドアの脇にしまってあるマニュアルにあなたの自動車の最低限条件とタイヤに必要な空気量が記載されています。主観的な条件も多く記載されているのでどれが大事な点か自分で見極める必要があります。

    大事な点を見極めるために私たちのこのガイドが役に立ちます。

  5. 今のタイヤ好きですか?

    「今持ってるタイヤは良いからどうやったらもっと良くなるか?」と考えるといいでしょう。例えば、もし今のタイヤが騒音に感じるのであれば、もう少し静かに動くタイヤを探してもらうといいでしょう。

    タイヤが新品だった頃どのような状態だったかを思い出してみましょう。現在のはすり減っている状態なので、交換時に基準にするべきではありません。

    角を綺麗に曲がれなかった場合、もう少し高性能なゴムを探してみましょう。冬の時期の牽引力が問題の場合、オールシーズンのタイヤや寒い時期のみに利用する冬タイヤ(上記写真)などはどうでしょう。今のタイヤで満足しているなら購入する際、簡単です。

    タイヤの横に記載されている数字を理解すると性質も理解できます。新しいタイヤは自動車の荷物やスピードに適合するものを買いましょう。
  6. タイヤのサイズ

    マニュアルや運転席ドアの横のプラカードに自動車の詳細が記載されています。今のタイヤに記載されている数字は現在所持している自動車にもともと付いていたものではないかもしれないので参考にしないほうがいいです。

    自動車に合うタイヤをつけると速度計が正しく表示され、変速機や他の部分に適合した負担がかかり、車体懸架装置や車体部分にあたりません。

    ややもし持ち合わせのホイールと直径が違うホイールを購入するときは、自動車製造の詳細に記載されているものと異なっても大丈夫です。その場合でも、パッケージのタイヤとホイールの全体的直径がもともとのサイズと近いことをみて、車体懸架装置が圧縮した時や直角に曲がる際に新しいタイヤの横幅が擦れないか確認しましょう。

  7. トレッドウェア保証の査定

    多くのタイヤはトレッドウェアの保証が付いてきます。記載されている番号は同じ製造会社の他のタイヤと比較したタイヤの寿命を教えてくれますが、基本的にマーケット部門で規定された数字です。

    トレッドウェア保証でたくさんお金がもらえると思わないほうがいいです。多くは数ページの但し書きで案分比例の保証なので、実際のタイヤの数割程度しかもらえません。基本的に帰ってくるお金は同じタイヤを購入するために割り当てられます。前のタイヤが保たなかったのに同じタイヤを2回目に購入なんてしませんよね。

    トレッドウェア保証はロードハザード保証とは異なります。それについてはまた後で説明します。

  8. タイヤを購入

    良い点悪い点両方含め、タイヤを購入することはいっぱいあります。大事なのは手抜きをせず、じっくり時間をかけていい取引を行ってくれるお店を探すことです。

    新しいタイヤを安く早く買う場合はある程度のブランドや種類を諦めたほうがいいです。普通と違うものを購入したい場合はもう少しお金と時間をかける必要があるかもしれません。タイヤの取引をする前にオンラインで評価をチェックしましょう。特に自分と同じ自動車を所有している人のレビューがいいでしょう。安いタイヤを見つけることは簡単ですが、擦り具合が早かったり、運転心地が悪かったり、安さに比例した様々な問題点があるかもしれません。

    次の幾つかのスライドでタイヤを購入する色々な場所とそれらの短所と長所を見てみましょう。

  9. オンライン販売業者

    タイヤをオンラインで買うことはかなりの節約にもなり、必要としている正確なタイヤをオーダーできます。近くのお店やウェアハウスに常備されていないような普通と異なったタイヤのサイズや種類を注文するときは特に役に立ちます。

    https://tirenavi.jp  は唯一ではありませんが、大手オンラインタイヤ販売業者です。何千ものタイヤブランドや種類、サイズをたくさんのオンライン推奨とレビューで裏付けしています。ミニクーパーからマセラテを含むほぼ全ての自動車に適合するカスタムホイールとタイヤパックの経験と持ち合わせを売りにしています。 | 中古タイヤ

    オンラインで買う際の欠点は近くのお店や自分にタイヤが届くまでの時間と費用です。もしタイヤが傷ついていたり、届いた時に自分の自動車に合わなかった場合は返品の送料や遅れが生じるかもしれません。

    現在グッドイヤーはタイヤをオンラインでオーダーし、近くのグッドイヤー小売店で設置が可能になっています。
  10. 市内のタイヤ店

    あなたの近くのタイヤ店(個人経営、アウトレット、全国小売業者、タイヤ製造業者)は多くの在庫タイヤに個人的なサービスを提供できます。ウェアハウスやオンラインに比べて少し高めに支払うかもしれませんが、カスタマーサービスによっては値段相応かもしれません。

    普通と異なるタイヤや特例、どのタイヤを購入するか迷っている場合などは近くのタイヤ店がオススメです。出来るだけ簡単に行えるよう予約などができます。

    オンラインでタイヤを購入した場合、設置を行ってくれる小売店を探さないといけないでしょう。

関連記事

中古タイヤの価格を決める要因

中古タイヤの相場って...