この記事では、自動車の交換用タイヤの適切な選び方を探っていきます。 ホイール と タイヤ のサイズ変更の際、考え得る全ての利点と欠点を知るのに役立つでしょう。

交換用タイヤとは、あなたの乗り物で安全に使用できる代替のタイヤサイズのことを指します。これらの交換は、次のようないくつかの理由で行われます。

  • 制動距離など、ある特定の運転パラメーターを変更するため。
  • リムの直径を大きくすることにより、車両の外観を向上させるため。
  • タイヤを小さくすることで燃費を向上させ、節約につなげるため

交換用タイヤを選ぶ際に考慮すべきこと

自動車メーカーは、タイヤの外径を変更することを許可していますが、その範囲は2%未満に限られています。したがって、より大きな直径のホイールリムを取り付ける場合は、タイヤのプロファイルを小さくして、全体の合計直径を補正し、且つ維持する必要があります。

変更を行う前に、 公式に承認されたタイヤサイズを使用することが、メーカーが指定するトラクションパラメーターを維持する唯一の保証であることを忘れないでください。

ホイール直径を大きくすることの利点

ホイールの直径を大きくすると、多くの利点があります。例えば・・・

グリップ力が増加します。グリップ力の向上の程度は、タイヤの高さと幅の変化の量に大きく依存しています。また、幅を広げると、乾燥した道路での制動距離がさらに短くなります。

ターン時の反応と駆動が向上します。リムの直径を大きくし、タイヤの高さを低くすると、コーナーでの車体の安定性が向上するだけでなく、そのようなコーナーに対して安全に運転できるようになります。

ブレーキディスクの能力が大きくなります。リムの直径を大きくすると、今より多くのピストンを備えた、大きな自動車のブレーキディスクとキャリパーに対応できます。これらの追加により、自動車のブレーキシステムの効力が大幅に向上します。

美観が向上します。 多くのドライバーにとって、より大きなリムとより広いタイヤで、車両の外観を簡単に向上させることができます。

タイヤの交換, タイヤ交換, タイヤサイズ, タイヤ, ホイールサイズ, ホイールの交換

メーカー推奨のタイヤサイズと使用圧力の表は、燃料キャップの近くまたはドア枠から確認できます。

ホイール直径を大きくすることの欠点

費用がかさみます。新しいリムとタイヤは、特に大径のリムは高価なので、常にかなりの費用がかかってきます。これはタイヤも同様です。高さを低くしてトレッド幅を増やすには、メーカーはより良い材料を使い、より複雑なタイヤ製造技術を駆使する必要があります。その結果、最終製品の価格が押し上げられます。

燃料消費量が増加します。幅の広いタイヤは転がり抵抗が大きいため、燃料の消費量が増えます。また、「軽量」ものでない限り、リムはパフォーマンスに悪影響を及ぼし、車両の加速を低下させます。

タイヤとリムの損傷の可能性が高くなります。タイヤの高さが低くなると、くぼみの上を走行していくときに、リムまたはタイヤ自体が損傷する可能性が高くなります。ロープロファイルのタイヤは、サイドに頻繁に損傷を受けます。

快適性は低下します。タイヤの高さを低くすると、走行が快適でなくなります。タイヤの幅を許容範囲内に維持しながら、タイヤの幅を広げられる場合でも、タイヤの高さが低く、荷重が増加すると(タイヤの幅に合わせて)タイヤの剛性が高まり、タイヤの快適性が大幅に低下します。

わだちによる危険が増加します。タイヤの幅が広いということは、道路でわだちに出会ったときに運転がしづらくなることを意味します。高速での正確なコーナリングに有利な薄型タイヤのより剛性の高い側面は、車両がわだちを運転する能力を損なわせ、車の運転手と同乗者の安全性が大幅に低下します。

ノイズレベルが増加します。これは、タイヤのトレッドの形状とタイプによりますが、タイヤの幅を大きくすると、ノイズが恒常的に増えてしまいます。これは、トレッドブロック間を移動する空気の移動距離が長くなるためです。

アクアプレーニング現象に対しての抵抗力が減ってしまいます。 タイヤが低く幅が広いと、路面との接触面積が大きくなります。これにより、トレッドがホイールの下から排出する必要のある水の量が増えます。製造業者は異なる必要条件を満たすために、方向性トレッド、また は現在一般的になっているトレッドの2つの半分を互いに独立して設計できる非対称なトレッドを用いて、これに対抗しようと試みています。この複雑な設計のため、多くの場合タイヤの幅を広げると、アクアプレーニング現象に対するタイヤの耐久性に大きく影響を及ぼします。

汚れた道路上でのグリップ力が低下します。タイヤの幅が広くなると、砂地や汚れた道路においての制動距離が常に増加してしまいます。

タイヤの交換, タイヤ交換, タイヤサイズ, タイヤ, ホイールサイズ, ホイールの交換

ホイール全体の直径を同じに保つには、より大きなリムを装着するときにタイヤの高さを低くする必要があります。

リムサイズを変えずにタイヤ幅を変える

リムのサイズを変えずにタイヤの幅を変えることができます。これを行うには、タイヤの外径を工場サイズの2%未満の範囲内で拡大できるという、交換用タイヤを選ぶ際のルールを覚えておく必要があります。

より具体的に言えば、古くはあるものの今日でも十分適用できるこのルールによると、装着されたタイヤの外径は2%未満または1.5%を超えてはならない、とされています。

例えば、185/60R15タイヤの交換を検討している場合。

この場合では、195/55R15を使用できます。これにより、直径が1.3%(許容誤差2%以内)未満になるためです。同様に、205/55R15タイヤを使用すると、直径が1%大きくなります(1.5%の制限内に収まります)。ただし、以下のようなタイヤサイズを適用することは現実的ではありません。

一方で、175/65R15などのより幅狭のタイヤを選ぶこともできますが、これは外径が誤差の点で+1.5%/-2%の範囲を満たしている限り有用です。2003年7月から施行されたETRTO(欧州タイヤおよびリム技術組織)の新しいルールを考慮に入れてサイズ185/60R15の交換の許容範囲を計算する場合- 交換可能となる数はさらに減ります。このルールによれば、外径は、公称外径の差を計算する際に3%を上回る、もしくは下回ってはなりません。

ただしこのルールは、この業界の多くのWebサイトや検索ツールが誤って記しているような、交換の許容範囲を3%に拡大することを意味するものではないことも覚えておいてください。

185/60R15タイヤが可能な交換の差異の範囲を計算する方法:

ホイールリムの理論上の(設計された)外径と公称直径の両方を知る必要があります。これらを知るには特別に代入する必要があります。その正確な計算方法を以下に記します。

理論上の(設計された)外径 603 mm
リムの呼び径 381 mm 
差: 222ミリメートル 
最大許容直径: 603 +(222 x 3%)= 609,66
最小許容直径:603-(222 x 3%)= 596,34

古くからある交換可能な差異の範囲を計算する方法を使って、単純に+ 1.5 / -2%の制限に基づいて計算すると、交換できるタイヤの外径(まだ185/60R15の例を使用)が598.78 mmから620.165mmの間にあることがわかります。しかし、新しい+ 3 / -3%の式が適用されると、範囲は596.34 mm〜609.66 mmの値に狭められます。

こうなると、可能性のある交換用タイヤのいくつかは、今日においては現実的ではないことを意味します。たとえば、交換可能なサイズには195/55R15が含まれなくなりました。

これらの決定を行うときは、正式に認定された交換用タイヤを車両に使用した場合の影響を考慮してください。低くしたプロファイルのより幅の広いタイヤを使用することにより、グリップ力とステアリングの面が向上したにもかかわらず、低速でもアクアプレーニング現象が起こる可能性が増し、転がり抵抗も増し、快適性、および場面場面での操縦性の低下につながります。また、ホイールが完全な回転位置にあるときは、幅の広いタイヤが車に擦りつかないように注意する必要があります。

最終的に、車両の安定性を確保する唯一の方法は、メーカーが認定した適切なタイヤを装着することです。タイヤの幅を狭くすると、タイヤのプロファイルが大きくなり、ABSシステムが正しく動作しなくなるため、グリップ力が低下し、制動距離が長くなり、旋回時の安定性が低下します。このような基準が非常に重要となる冬用タイヤでは、これは特に意識しなければいけません。

最も賢明な解決策は、サイズ選びが自然に制限されるように、同じタイヤ直径のままにするか、直径が1インチ大きいタイヤを装着することです。

サイズ185 / 60R15タイヤが可能な交換の計算:

  最大 直径-2%+ 1.5%理論上の直径-3%+ 3%
185/60R1584 T / H 88 T / H611 mm598,78 mm620,165ミリメートル603 mm596,34 mm609,66 mm
195/55R1585 T / H / V 89603 mmOK595 mm外径が小さすぎる
205/55R1588 V / W617 mmOK607 mmOK
175/65R1584 T / H619 mmOK609 mmOK
195/50R1582 T / H 86 V585 mm外径が小さすぎる577 mm外径が小さすぎる
165/70R1582623ミリメートル外径が大きすぎ、負荷指数が小さすぎる 613 mm外径が大きすぎ、負荷指数が小さすぎる
175/70R1586637 mm外径が大きすぎる627 mm外径が大きすぎる

リムサイズを縮小すること

これは通常、冬用タイヤで寒い季節に行われますが、リムのサイズを小さくする場合も同じ原則が適用されます。さらに、ブレーキディスクとキャリパーのサイズが小さいリムの取り付けができるかどうかも確認する必要があります。

冬用タイヤの場合にはより効果的なソリューションとなる、幅が狭く、ハイプロファイルのタイヤを装着することが可能となります。直径が小さいタイヤは通常価格が安いので、家計にとっては最大の利益となるでしょう。

冬用タイヤのサイズを小さくすると、タイヤの空気圧が1平方センチメートルあたりの単位で増加するため、冬用タイヤのグリップ力が向上すると言われることがあります。ただし、タイヤのサイズを205 mm以下だと読み取れる幅に縮小することはお勧めしません。そうすることの利点はごくわずかであり、多くの場合、車のグリップ力を低下させ、ABSなどのさまざまなシステムの動作に悪影響を及ぼす可能性があります。

215 mmよりも幅の広いトレッドの場合、検討への一歩を踏み出すに値するでしょう。車両のすべてのシステムが最適に機能するのは、車両元のメーカー認定のタイヤタイプを業者が保管している場合のみであることに注意してください。