中古タイヤビジネスは、以前に走行したタイヤを販売・取付する事業です。タイヤの修理サービスも行っている事業者もいますが、タイヤの販売が事業収益の大部分を占めています。中古タイヤ産業は力強く成長しています。ゴム製造業者協会 (RMA) によると、年間の廃タイヤ販売台数は30〜3500万台となっていて、ドライバーの約10%が、少なくとも1台の車に中古タイヤを装着しています。

貴方様がご自身で中古タイヤビジネスを始める方法と、それが合っているかどうかを学びましょう。

安全ガイド, 安全情報, タイヤショップ, 中古タイヤ事業, 中古タイヤ, タイヤ

次の9つのステップを踏めば、中古タイヤビジネスがスタートできます:

完璧なビジネスアイデアが見つかり、次のステップに進む準備ができました。ビジネスを始めるには、都道府県に登録するだけでは不十分です。中古タイヤビジネスを始めるための簡単なガイドをまとめました。以下のステップにより、新しいビジネスが適切に計画され、登録され、法令に準拠していることが保証されるでしょう。

ステップ1

事業家として成功するには明確な計画が不可欠です。計画はビジネスの詳細を把握し、不明な点を発見するのに役立ちます。考慮すべき重要なトピックは次の通りです。

  • スタートアップにかかるコストと継続的なコストは?
  • あなたのターゲットは誰か?
  • どのくらいの期間があれば収益を上げられるか?
  • あなたのビジネスにどんな名前をつけるか?

ご安心ください。私たちは貴方様のために多くの調査をいたしました。

中古タイヤビジネスを始めるにはどのくらいの費用がかかりますか?

中古タイヤビジネスの立ち上げ費用は、主に3つの分野に分けられます。ビジネス・オーナーが必要とするもの

  • お店の場所
  • タイヤ取付のための装備品
  • 中古タイヤ

立地の良い場所は、在庫を保管するための保管スペースや小規模な店舗、車の作業をするためのガレージなどがあります。また、賃貸料の安い地域にあるため諸経費を最小限に抑えられます。古い自動車店や使われなくなった倉庫などが立地条件として良いでしょう。

設備コストを削減したなら、状態の良い中古設備を探しましょう。高品質の装置の方が効率的に使用できることが多いため、新しくても低品質の工具を入手するよりも、中古の高品質の装置を購入する方が良いでしょう。購入したタイヤの取り付けにかかる時間と人件費を削減できます。

タイヤを購入する際には、事業主は多種多様な選択肢を持つ必要があります。在庫には、多くのサイズの乗用車、トラック、ロープロファイル、高性能タイヤなどが収集されています。タイヤを購入するのに良い場所には、ゴミ捨て場、タイヤ店、そしてリトレッドセンターがあります。

また、リムの卸売業者と提携するのも一つの案ですが、リムは必要に応じて購入可能です。

これらの費用を合計すると、数千円から数万円になることもあります。その範囲は、土地代にいくらかかるのか、どのような備品を購入するのか、どのくらいの規模の在庫を持って開業するのかによって変わってきます。

中古タイヤビジネスの継続的な経費は?

中古タイヤビジネスにかかる継続的な経費は管理しやすくなっています。主にリース料、水道光熱費、従業員の給料、在庫費用などがそれに当たります。

ターゲットは誰か?

中古タイヤビジネスのターゲットは、車を所有しつつ、お金を節約したい人々です。すべての車両はタイヤを必要としています。多くのドライバーは、中古タイヤが優れた価値を提供してくれるため、使用を検討しています。

中古タイヤビジネスでどのようにお金を稼ぐか?

中古タイヤビジネスは、顧客に中古タイヤを販売することで利益を生み出します。ほとんどのタイヤは、1本ずつ、2本1組、または4本1組で販売されています。

「Tire Business」のレポートによると、「Drakes Tire’s」という事業者の平均販売本数は1本1組です。「Rob’s Used Tires」という別の事業者の売上は、個人、ペア、セットで均等に分かれています。

顧客にいくら請求できるのか?

中古タイヤは新品よりずっと安くなっています。優しく使用されたタイヤは初期費用の半分の価格で販売されますが、かなり摩耗したタイヤはそれよりはるかに安く販売されます。

こうした低価格にもかかわらず、事業者はかなりの利益を得ることができるでしょう。中古タイヤは、他の事業者が中古タイヤ事業者に販売しない場合、廃棄費用を支払わなければならないため、卸売価格はごくわずかなのです。

売れたタイヤ1本につき、多くの事業者は、タイヤの取り付けとバランス調整のために1000円から4838円の追加料金を請求しています。

中古タイヤビジネスはどれくらいの利益が出るのか?

このような需要があるからこそ、中古タイヤビジネスは大きな利益を生見ます。例えば、「tirenavi 」は毎週1000本のタイヤを販売しています。新品タイヤの数分の1のコストでありながら、それは週ごとの相当な収益になります。

どうすればビジネスの収益性を高められるか?

中古タイヤビジネスは、リムや新品タイヤの販売、タイヤの修理サービスも提供することで収益性を高めることができます。一部の事業者では、大規模な自動車修理が行われることもあります。

ステップ2:法人を設立する

有限会社や個人事業主などの法人を設立することで、中古タイヤビジネスが訴えられた場合に、個人的な責任を負うことを防げます。重要なポイントは、中古品を販売するためのクバスを申請することです。

ステップ3:税金の登録をする

ビジネスを始める前に、自治体や国の様々な税金に登録する必要があります。

ステップ4:ビジネス用の銀行口座とクレジットカードを開設する

個人の資産を守るためには、ビジネス専用の銀行口座や信用口座の利用が不可欠です。

個人口座と事業用口座が混在していると、事業が訴えられた場合に個人資産(自宅や車などの貴重品)が危険にさらされることになります。

ビジネス用の銀行口座を開設する

  • これにより、個人資産を会社の資産から分離します。これは、個人資産の保護に必要です。
  • また、これによって会計や税務申告も容易になります。

ビジネス用のクレジットカードを手に入れる

  • 事業費を一括して経費として計上することで、個人的な経費と事業的な経費とを分けることができます。
  • また、これによって会社の信用履歴を蓄積することができるので、後々の資金調達や投資にも役立ちます。

ステップ5:事業会計を設定する

様々な経費や収入源を記録することは、ビジネスの財務状況を把握する上で非常に重要です。また、正確で詳細な帳簿をつけておくことは、年間の税務申告を大幅に簡素化することにもつながります。

ステップ6:必要な許可証及びライセンスを取得する

必要な許可やライセンスを取得しなかった場合、多額の罰金が科せられたり、ビジネスが停止したりする可能性があります。

地域のビジネスライセンス要件

自動車のメンテナンスに関わるすべての事業者は、国および自治体レベルの環境規制に準拠する必要があります。中古タイヤビジネス事業者は、小売業者が再販目的の商品を、消費税を支払わずに購入できる再販証明書の申請を検討することもできます。

入居証明書

中古タイヤビジネスは一般的に、車を保管し修理するためのユニークな設備を備えた 「ガレージ」 という小売店で運営されています。物理的な場所以外で事業を行う場合は、通常、占有証明書 (CO) が必要です。COは、すべての建築基準、ゾーニング法、および政府規制を満たしていることを確認します。

  • ガレージのリースを計画している場合
  1. 一般的にCOを取得するのは家主の責任です。
  2. リースする前に、家主が自動車修理業に適用される有効なCOを持っているか、または取得することができることをご確認ください。
  3. 大規模な改装を行った後は、新しい CO の発行が必要になることがよくあります。開業前に事業所を改装する場合は、有効な CO が発行されるまではリース料の支払いが開始されない旨を賃貸借契約書に記載しておくことをお勧めします。
  • 事業所を購入または建設する場合は、次の手順に従いましょう。
  1. 有効なCOを地方自治体から取得する必要があります。
  2. 中古タイヤビジネスがコンプライアンスを遵守し、COを取得できるようにするために、事業所の建築基準法やゾーニングの要件をすべてご確認ください。

ステップ7:ビジネス保険に加入する

ライセンスや許可と同様に、ビジネスを安全かつ合法的に運営するには保険が必要です。ビジネス保険は、その保険対象となる損失が発生した場合において、事業者の財務状態を保護します。

保険契約には、業種ごとにいくつかの種類がありリスクも異なります。貴方様のビジネスが直面する可能性のあるリスクの種類がわからない場合は、損害賠償責任保険から始めましょう。

こちらは、中小規模企業に必要とされる最も一般的な補償です。この補償は、ビジネスを開始する際に最適です。

多くの事業者にとって必要なもう一つの注目すべき保険政策は、「労働者補償保険」です。貴方様のお店が従業員を持つことになる場合、貴方様の暮らす都道府県が貴方様に労働者補償保険の加入を要求する可能性が高いでしょう。

ステップ8:ブランドを定義する

ブランドとは、貴方様の事業が何を象徴しているのか、また、ビジネスが世間にどのように認知されているのかを示すものです。ブランド力は、貴方様のビジネスを競合他社から際立たせるのに役立つでしょう。

中古タイヤビジネスのプロモーションとマーケティング方法

中古タイヤビジネスは、事業者が顧客に請求する金額を増やす必要がないほどの安価なマーケティング戦略を通じて行うのが最善です。ラジオ広告やオンライン広告は、Craigslistの投稿と同じ程度に上手く機能するでしょう。

顧客にリピーターになってもらうには

顧客を獲得する上での課題の1つは、中古タイヤが新品タイヤの安全な代替品であることをドライバーにご納得いただくことです。事業者は、販売前のタイヤ検査について顧客に説明し、

保証を提供することでこれを実現することができます。「Rob’s Used Tires」では、タイヤのグレードに応じて2週間、4週間、8週間の保証を提供しています。

ステップ9: ウェブ上でのプレゼンスを確立する

ビジネスウェブサイトがあれば、顧客は貴方様のお店が提供する製品やサービスについて詳しく知ることができます。また、ソーシャルメディアも使えば新規顧客を獲得することもできるでしょう。

私たちは貴方様をサポートします tirenavi.jp