タイヤの状態、普段から気にされていますか?車検の時に見てもらうのみで、自分で気にしたことはないという人も多いかもしれません。普段から気にしている人も、全く気にしたことがないという人も、もし車が側にある場合は、ちょっとタイヤを見てみましょう。

ひび割れはありますか?溝が浅くなってはいませんか?車の運転時に、異常な振動が起こったりしませんでしたか?もしどれか1つでも当てはまれば、そろそろ交換時期が近づいています。コストが気になる…そんな方には中古タイヤをオススメします。以下で中古タイヤの利点を見ていきます。

中古タイヤの利点

1.    値段

一番はやはりコストが抑えられるという点です。タイヤナビで販売される中古タイヤでは、どんなに状態が良くても値段が新品の半分以上になることはまれです。 9分山の商品の多くが半額以下の値段で購入していただけます。

2.    安全性

中古タイヤの方が安全って、どういうこと?とお思いかもしれません。例えば、スリップサインが出ているのでタイヤを交換したいが、予算が3万円しか無いとします。ここで、もしタイヤが1本当たり15,000円であれば、購入できるのは2本のみです。同じタイヤの中古商品であればどうでしょう?1本7,000円の場合、4本買ったとしても28,000円でお釣りが来ます。このように、新品タイヤでは全て交換できないところを、同じ型の中古であれば同じ予算で4本すべて交換するということが出来てしまいます。このように、予算に限りがある場合、中古タイヤを購入することによって安全性を高めることが出来ます。また、タイヤナビでは安全項目をリスト化し、それぞれの項目を2度点検した上で販売しています。摩耗はもちろん、空気漏れや硬さの心配もありません。安心してご利用いただけます。

3.    環境保護に貢献

地球温暖化が騒がれるようになって久しいですが、地球レベルでの進展はあるでしょうか?海面上昇、生態系への影響など、上げればキリがありませんが、ハイブリッド自動車購入など、環境を気にするエコ・コンシャスなドライバーも多くなってきました。しかし、電気自動車、ハイブリッド自動車を使う、アイドリングストップを心がけるなど、それ以外にドライバーができることは何でしょうか?1つは、リユースです。リユースとは再利用の意味で、ゴミを減らすことに焦点が当たっています。ゴミが減ればすなわち、最終処分場である埋め立て地のゴミが減ります。また「捨てる・買う・使う・捨てる」の生み出す過剰生産が抑えられることによって、製造・原料の輸送に伴う二酸化炭素の排出が抑えられます。中古タイヤの購入が、あなたの子供や孫、甥っ子・姪っ子が大人になった時に吸う空気をきれいにするかもしれません。

このように、中古タイヤの利点は価格のみに留まりません。ネット通販だとしてもそうでないとしても、信頼できる店から購入するのが大前提ですが、購入後まだ安全性・品質に不安がある場合、取り付け店か最寄りのカーディーラーで確認してもらいましょう。そこで太鼓判を貰えれば、安心して走行が出来ます。正しい情報を知って、中古タイヤの吟味さえ出来る賢い消費者になりましょう。