Generic selectors
Exact matches only
Search in title
Search in content
Search in posts
Search in pages
product

FORMULA

1950年代から1960年代にかけて、F1タイヤはダンロップ、ファイアストン、コンチネンタル、グッドイヤーの4社から供給されていました。

1958年、ダンロップはR5レーシングタイヤを発表しました。 このタイヤは、それまでのR1からR4タイヤの綿生地をナイロン生地に置き換えたタイヤで、重量を12ポンドも削減したと言われています[1]。 1960年代に入ると、ダンロップはナイロン製ケーシングの改良、アスペクト比の縮小、タイヤ幅の大幅な拡大、合成ゴムの採用などを発表しています。