中古タイヤ:購入前に考慮すべき7つのこと

 中古タイヤを購入する前に考慮すべき7つのこと  1.スレッドの深さ  2.タイヤの全体的な状態  3.タイヤの年齢  4.タイプ、ブランド、品質  5.タイヤサイズ  6.価格  7.ペアで購入する 次に、使用済みタイヤを購入する際に、これらの7つの要素がどのように役割を果たすかについて詳しく説明します。  1.スレッドの深さ:  新しいタイヤのスレッドの深さ= 10/32”  滑りやすいタイヤのスレッドの深さ= 4/32”  致命的なタイヤのスレッドの深さ= 2/32”  タイヤの糸の深さが滑りやすい限界に達したら、雨や雪などで危険になる可能性があるため、タイヤの交換を検討する必要があります。  2/32”スレッドの深さは致命的と見なされるため、これに達する前にタイヤを交換してください。  深さゲージまたはキャリパーを使用して、タイヤのスレッドの深さを測定できます。  注意すべき重要な点:  •糸の摩耗はタイヤ全体で均一に見えるはずです。  これらの糸がすり減った場合、このタイヤはタイヤを横切って見える場合、このタイヤが過膨張したことを意味し、このタイヤの使用量は膨らんだだけです。  •タイヤのカッピング  タイヤのカッピングは、通常、車両の衝撃または支柱が摩耗したために発生します。 あなたはでこぼこ道を運転しているので、あなたのタイヤはあなたの車の衝撃の代わりにすべての減衰力を受けています。 それが何をするのか、それはタイヤのスレッドのブロックに高い効果と低い効果を与えます。 カップタイヤは本当に避けたいです。なぜなら、それはうるさいタイヤになり、運転中に大きい音がするからです。  指をタイヤにかぶせると、タイヤのカッピングについても知ることができます。これは、これらのブロックがタイヤの円周全体にわたって高低であり、タイヤが丸くなっているということは車両のストラットの問題を示しています 。  また、ビーズからゴムのスプールがある場合は、タイヤの内側に手を走らせて確認してください。  2.タイヤの全体的な状態:  •タイヤの状態がまだ使用可能かどうかを確認するために、釘やパッチなどいろいろ探しましょう。 また、フラットスポットも探します。フラットスポットとは、車両がしばらくその場所に座っているときのことで、フラットスポットを見ることができるということは、そのタイヤは丸くなっている証拠です。  •タイヤコードの露出:小さなワイヤーがタイヤ内に見えるもの、実はタイヤの構造の一部です。 タイヤにこの問題がある場合、そのタイヤは完全に摩耗していることを意味します。 あなたはそれを買うべきではありません。 本当に危険です。  •ゴムの乾燥性:タイヤのゴムが乾燥しているように見える場合、それは多くの牽引力を与える可能性があるので、このタイヤ避けるべきです。  •タイヤのスレッド部分とサイドウォールに亀裂がないか探します。 亀裂には2種類あります。  i. メジャークラック(構造的であり、実際に回避する必要があります)  ii. マイナークラック(通常は天候のためです。これは構造的な問題ではありませんが、ゴムが乾き始めることを意味するため、タイヤを購入する前にこれらを調べる必要があります)  亀裂を確認し、タイヤを地面に置いて踏むと、すべての亀裂が表示されます。  また、タイヤのタイヤを回転させてタイヤの状態を確認することもできます。タイヤがぐらついている場合は、ベルトが内側にずれており、危険なタイヤであることを示します。  3.タイヤの年齢:  •タイヤの使用年数は、タイヤをさらに使用するかどうかを決定する上で非常に重要な要素となります。 タイヤの年齢制限は、通常、タイヤの使用方法とタイヤの取り扱い方法に応じて5〜6歳です。  •タイヤの側面でタイヤの製造日を確認できます。 最後の4桁は、このタイヤが製造された週と年を示します。  •5年以上前のタイヤはあまり使い道がないので買わないことをお勧めします。  4.タイプ、ブランド、品質  •オールシーズンタイヤ、パフォーマンスタイヤ、スノータイヤなど、多くのタイプのタイヤがあります。 スノータイヤは通常柔らかいゴムで作られていますが、欠点は非常にうるさいことです。 […]

Continue Reading

中古タイヤを検討中ですか?

中古タイヤが新品タイヤの品質に勝ることはありませんが、時には中古タイヤがのほうがぴったりかもしれません。 あなたはすぐにあなたの車を下取りすることを計画しているかもしれません。 または、たった1つのタイヤが磨耗または損傷しているため、新品を購入するのではなく、他のタイヤの磨耗と一致させたい場合があるかもしれません。タイヤナビタイヤは、多くの高品質の中古タイヤを手元に置いています。 それらが実行されることを確認するためにしっかりと検査します。

Continue Reading

中古タイヤを新品タイヤに変更する方法

タイヤの破棄は環境にとてつもない影響を与えており、スパーコトレーディングのような会社では中古タイヤを再利用する方法を生み出しました。更生機械がどのように中古タイヤをまた利用できるようにしているのか見てみましょう。 タイヤが磨耗したら、それを店に持って行き、そこで新しいタイヤに交換します。 廃棄されたタイヤは通常、粉砕され、化学的に分解されて、道路や公園の建築材料として使用されます。 一部の企業は、異なるリサイクルを望んでいます。  スパーコトレーディングのような企業は、長年にわたりタイヤケーシングを節約し、「トレッド」と呼ばれるプロセスで古いトレッド(地面に触れるゴム)を新しいトレッドに置き換えています。 これらのタイヤは、製造が簡単であるだけでなく、通常、新しいタイヤを作成するエネルギーの20%を消費します。また、使い捨てタイヤと同じテストに耐えることができます。 タイヤの更生プロセスの主な利点は、新しいタイヤの約3分の2を占めるケーシングの再利用です。 タイヤを再利用することで、工業生産プロセスで使用される原材料の量とCO2排出量も削減されます。 更生プロセスを順を追って見てみましょう。 更生される摩耗したタイヤは工場に来て、視覚的および機器のチェックを受けます。 このステップに不可欠なのは、レーザーシアログラフィーデバイスです。真空内でタイヤをスキャンして、外側から見えない損傷や欠陥を検出し、タイヤ、タイヤ内のコード、金属線のグループの分離を検出します。 更生に適さないタイヤは廃棄されず、密閉炉でタイヤを燃やす熱処理工場で破壊され、密閉炉なしでタイヤを使用可能なエネルギーに変換し、有害なガスを放出することなくタイヤを使用可能なエネルギーに変換します。 未燃物は回収されます。 更生に適していると見なされるケーシングにはバーコードがタグ付けされており、バフ研磨の準備ができています。 ケーシングは、残りのトレッドをバフする機械に入ります。 取り外されるトレッドの量は、ケーシングのタイプとサイズによって異なります。 これで、表面に新しいトレッドを適用する準備が整いました。 バフ研磨されたケーシングは、クレーター処理段階に移動します。 ここで検査され、表面の欠陥が修復されます。 バフ研磨されたタイヤは、非加硫ゴムまたはゴムの粘着層でコーティングされています。 事前に加硫されたリングトレッドライナーが引き伸ばされ、タイヤの周りに取り付けられています。 レーザーにより、機械がタイヤの中央に配置され、クランプが現れてトレッドライナーが押し下げられます。 トレッドを保持している機械が後退します。 ローラーが現れ、トレッドライナーをケーシングに滑らかにします。  各タイヤにはゴム製のエンベロープが取り付けられ、真空シールされています。 それらは、各タイヤが硬化するオートクレーブまたは圧力室に運ばれます。 タイヤは、非常に大きな熱と圧力に同時にさらされます。 チャンバーは最大250°Fまで加熱され、2.5〜3時間で1平方インチあたり約88ポンドの力を加えます。 最後に、技術者が仕上げ作業を行います。 Tirenavi 中古タイヤ店

Continue Reading

中古タイヤを利用する際のアドバイスと利点

中古タイヤを購入することにはたくさんの利点があるため、多くの人がします。中古タイヤを購入するのは新品のタイヤを購入するとは違うため、覚えておきましょう。しばらく使用可能な良い中古タイヤを見つけるには時間がかかるかもしれません。中古タイヤを購入する際に一番の利点は節約でしょう。中古タイヤ購入するには一番の理由とも言えますね。新品タイヤを購入するより3割から5割ほど節約できます。 よって、中古タイヤを購入するのはとても魅力的ですね。中古車を購入するもう一つの利点は再資源です。中古タイヤを再利用することで捨てる時にかかってしまうゴミなどの削減になります。もしあなたが自分のゴミを減らしたり環境に優しいことを心がけているとしたら中古タイヤを購入するに当たって良いモチベーションでしょう。皆が新品タイヤを購入すると中古タイヤのゴミは山積みになるでしょう。 もしタイヤを一つだけ交換しないといけないのなら、中古タイヤを購入することでフルセットを買う必要性が無くなります。もう片方のタイヤが良い状態であり、中古タイヤでいいのを見つけたら一番の解決方法になるかもしれませんね。 日常的な運転や長距離運転などで車を利用しているとタイヤはすぐ磨り減ってしまいます。私のタイヤのサイズは235−35−19ですが1万5千円から3万円ほどかかるという少々高い金額であり、更にウルトラハイパフォーマンスのタイヤを好むのですぐ磨り減ってしまいます。CRAIGSLISTやEBAYなどで何点か既に中古タイヤを購入しましたが、とてもいい結果でした。 中古タイヤを購入するに当たって一番好きなところは3万マイルもの距離を一つのタイヤと一つのパターンで走らず、いくつもの違うタイヤを試せるからです。現在は大嫌いなファルケンFK453を使用しているんですが、お金を結構払ったので当分の間はこれを使います。正直いつも通り中古を買っていればよかったのですが、新品にしては良い値段を出されたので… 新しいタイヤ産業とは違い、中古タイヤのマーケットには厳しい規則やルールがありません。なので良い中古タイヤを探すには信頼できるディーラーを探すことです。タイヤは見た目で良し悪しを判断できません。良さそうに見えても中身に結構問題があるかもしれません。その場合、ディーラーが信頼出来ると安い値段で良い中古タイヤをオススメしてくれます。そのようなお店では訓練されたサービスの技術者がいて、中古タイヤを一つ一つテストや点検をしているんです。

Continue Reading