冬用タイヤ/ スタッドレスタイヤ は、冬期のあらゆる条件を念頭に置いて設計されています。 黒氷から氷点下まで、冬用タイヤはすべての底面をカバーする唯一のオプションです。 冬用タイヤには、冬に運転するときに路上で安全を確保するために、非常に特殊な機能が装備されています。

–極端に低い温度下では、夏用またはオールシーズン用のタイヤは硬くなり、トラクションが得られなくなります。

–冬用タイヤ/スタッドレスタイヤのトレッドゴムコンパウンドは、柔軟性を維持するように設計されており、タイヤが路面をよりよく把握できるようになっています。

–また、深いトレッド深度と特殊なトレッドパターンも冬タイヤの特徴です。 これにより、雪の堆積量が減り、トラクションが向上し、雪とスラッシュが水を排出してタイヤを安定させます。

–冬用タイヤ/スタッドレスタイヤには、バイティングエッジがあります。トレッドには何千もの小さなスリットがあり、氷上では大きなスライドをもたらしてくれるので、滑りません。

冬用タイヤ /スタッドレスタイヤ はスノータイヤとも呼ばれているのか?

スノータイヤは、より冬用タイヤ/スタッドレスタイヤと呼ばれるようになってきています。 本質的には同じものですが、冬用タイヤはあらゆる寒さの気候条件(降雪だけでなく)向けに作られているため、「冬用タイヤ」という用語の範囲は「雪用タイヤ」よりも広く、これらのグリップホイールの機能を正確に表します。 ウィンタータイヤと呼ばれる理由があるのです。その主な理由の1つは、ウィンタータイヤが雪や冷え切った天候下で能力を発揮するだけでなく、低温でもセキュリティが向上することです。 そのため、氷点下になっても冬用タイヤを使用すれば、乾燥した道路を運転しているにもかかわらずトラクションを最大限に引き出すことができます。

冬用タイヤはスノータイヤとも呼ばれているのか?

冬用タイヤ/ スタッドレスタイヤ を一年中使用しても良いか?

一年中車両に冬用タイヤを使用することはお勧めできません。もしそれを行うと、長期的にはより多くのお金が必要となってきます。 冬用タイヤは、特に気候が暖かい/乾燥した状況下では、オールシーズンタイヤよりもはるかに早く摩耗します。最高のパフォーマンスを得るためには、冬期のみに使用するのがベストです。 一般的な経験則では冬用タイヤ/スタッドレスタイヤは、冬ごとにタイヤを取り外してトレッドの摩耗を確認した場合、最大3〜4冬まで使用できるでしょう。

冬用タイヤ/スタッドレスタイヤを4つすべてではなく、2つだけ装着することでお金を節約するのはアリですか?

多くの専門家は、4つの冬用タイヤ/スタッドレスタイヤをすべて装着することを推奨しています。 全輪駆動の有無にかかわらず、タイヤを2本だけ交換すると、1つのセットが道路をグリップしたとき、他のセットが横滑りしてしまう(逆もまた同様)の「スプリットパーソナリティ」パフォーマンスのリスクが生じます。 氷上のような状況では、横滑りやコントロールの喪失を避けるために、可能な限り一貫したハンドリングを維持することが重要です。つまり、4つのウィンタータイヤをすべて同時に装着するということです。

後輪のみに冬用タイヤ/スタッドレスタイヤを装着すると、前部での操舵反応が失われます。 前輪だけに合わせると、事態はさらに悪化します。 後輪は前輪よりもグリップ力が低いため、滑りやすい路面では後部が制御不能になり、優秀なドライバーであっても、不可能ではないにしても車のコントロールが非常に困難になります 。

チェーンは冬用タイヤ/スタッドレスタイヤよりも良いか?

これは、皆様の居住地域の条件によって異なります。 ほとんどの状況下で冬用タイヤ/スタッドレスタイヤで十分ですが、激しい吹雪や、定期的に耕されていない田舎では、法律によってチェーンが必要になる場合があります。 雪の多い目的地に向かう前に悪天候を把握し、道路状況の更新してください。 状況がよくわからない場合は、安全のために車にチェーンを入れておくことをお勧めします。

スタッドタイヤはどうか?

スタッドタイヤは、タイヤに金属スタッズが取り付けられた冬用タイヤで、氷と雪で最大限のトラクションをもたらしてくれます。 タイヤチェーンのように、破損したり車から飛んで行ったりするリスクがないため、チェーンよりも安全なオプションです。 ただし、乗り心地が悪く、舗装に損傷を与える可能性があるため、最悪の条件下でのみの使用に限定されます。 スタッドタイヤはチェーンよりも価格が高いため、山道や大雪の中を定期的にドライブする人に最適です。

ゴム以外の、冬用タイヤと夏用またはオールシーズン用タイヤの違いは?

それはすべてトレッドパターン、タイヤの転がり面に刻まれたさまざまな溝から判断できます。さまざまなサイズ・溝の形状はさまざまな目的に役立ちますが、それらはすべて一緒に機能し、濡れた、雪の多い、または氷上でより多くのグリップを提供します。

一番大きな溝は、道路と接触するタイヤの一部の下から水を排出するのに役立ちます。これにより、タイヤと道路の間に水のクッションが溜まるときに発生するハイドロプレーニングが防止できます。

「冬用タイヤ/スタッドレスタイヤでは、ドライハンドリングの特性は雪、氷、ウェット性能よりも優先度が低い」

冬用タイヤ/スタッドレスタイヤには、サイプと呼ばれる細かくて細い溝も彫られています。これらは、タイヤの下から水を出すのに役立ちますが、いささか直感的ではない用途にも使われます。サイプは、雪をつかみ、タイヤのトレッドに詰めるのに役立ちます。雪は自分自身をくっつけるのが好きです。そのため雪玉を作るのは簡単ですが、たとえば砂玉にするのは難しいです。多くのサイプを備えたタイヤは雪玉のように振る舞うことができ、トレッドに詰め込まれた雪が路面で雪を掴み、トラクションを高めます。

「オールシーズンタイヤでは、ドライ性能、ウェット性能、スノー性能のバランスを取っています。夏用タイヤでは、ドライ性能とウェット性能のバランスを取っています」

残念ながら、これらの溝とサイプはすべて、乾燥した天候でのタイヤのグリップ力をいくらか損ないます。レースカーのタイヤには溝がまったくなく、舗装と接触するゴムの量を最大化します。彼らは雨という最初のヒントに接したとき、異なるタイヤに交換します。この原則に従って、路面電車用の夏用タイヤはごく最小限の溝が彫られています。オールシーズンタイヤは、春と秋の雨天で良好なパフォーマンスが期待されるため、夏用タイヤより多くの溝があります。

では、最高の冬用タイヤ/スタッドレスタイヤは最も多くの溝があるものということ?

以前はシンプルでしたが、状況は変化しております。タイヤゴムの進歩に感謝しましょう。今の冬用タイヤの溝のパターンは、以前よりも攻撃性が低くなっています。オープンスペースが少なくなっていて、トレッドブロックがより近くにあり、物はより密に詰まっているので、以前より多くの路面接触が得られ、よりタイトと呼ぶことができます。パターンに依存せずに、コンパウンドは現在、より多くのことができます。

冬用タイヤ/スタッドレスタイヤのトレッドパターンは通常のオールシーズンのように見えるようになってきていて、寒い天候下におけるドライ舗装上でのハンドリングを向上させています。これらの新しいゴム化合物が利用可能になる前は、タイヤのスノートラクションだけがトレッドデザインの要素でした。 1990年頃までは、ほとんどの冬用タイヤは吹雪以外の音が大きく不快でしたが、今ではタイヤメーカーは静かで快適な点でオールシーズンに似た専用の冬用タイヤを製造しています。

冬には異なるサイズのホイールとタイヤで走行するべきか?

通常、小さいタイヤほど負荷に対する容量が低いので、小さいタイヤで走ることはお勧めしません。 耐荷重能力は、車のダイナミクスとパフォーマンスにとって重要です。 雪に覆われていない未舗装の道路を頻繁に運転している場合にのみ、小さいタイヤに切り替えることをお勧めします。

冬用タイヤ/スタッドレスタイヤ用に別のホイールセットが必要か?

一部の方は、冬用タイヤをスペアのホイールセットに取り付けたいと考えています。 2番目のホイールを購入すると、追加費用がかかりますが、冬の運転シーズンの最初と最後にタイヤを取り付けたり取り外したりする必要がないため、時間を節約できます。 ホイールの交換は家庭用の機器でできますが、タイヤの取り付けと取り外しには専門機器が必要です。