冬でも高いパフォーマンス性を発揮!コントロールも抜群で反応も良く自分自身や家族の安全を守ることができる

冬の運転における安全性はブレーキングやターンなど、ドライバーの運転技術に大きく左右されます。しかし、冬の凍った道や雪道などではコントロールが難しいのも事実。 冬タイヤ やスノータイヤは凍結した道や雪道に特化して作られていますので、冬でも通常のタイヤよりもコントロールを効かせることができます。

雪道でコントロールが効かなくなった経験を持つ人は意外に多い

統計によると北日本のドライバーの20%ほどしか冬タイヤを使っていません。(アメリカに限って言えばその数値はさらに低くなるでしょう)冬タイヤを使うことで凍結した道や雪道などでもコントロールを保ち、安全な運転でトラブルを避けることができます。

あなたのタイヤは冬の道に対応できない可能性も

「オールシーズンタイヤ」という呼び名がありますが、実は「オールシーズン」対応できるものではありません。また、純正タイヤ(新車購入時に装着されているタイヤ)の場合も、冬の道に対応できる性能は備えていないのです。つまり凍結した道や雪道などで安全な走りをするには「冬タイヤの利用」が唯一の答えになります。

専門家も冬タイヤの利用を推奨

販売店がタイヤを売るのは単に金儲けのためだけではありません。彼らは冬タイヤがいかに冬の運転を安全にするのか理解しているのです。その証拠にアウディのような自動車メーカーでも「7度を下回ると車輪のコントロールやブレーキングにおいて冬の道での駆動力に特化した冬タイヤは、大きく運転を改善する」と冬タイヤを推奨しています。

誰にでも手に汗握る冬の運転の経験がある

「タイヤが全く言うことを聞かずブレーキを踏んでもABSシステムが作動しない」冬の道を運転した人なら誰もがこのような冷やっとする思いをしたことがあるのではないでしょうか?しかし冬タイヤを使えばそのような思いをすることはありません!冬タイヤを使えば真冬の道でも自信を持って運転することができ、危険な道路状況でも安全に普段通りの運転を行うことができます。

日本のほとんどの地域で冬タイヤは必須のアイテム

どうして日本のほとんどの地域で冬タイヤが必須なのでしょうか?なぜならば一般のタイヤで冬の道を運転することなど非常に無謀なことだからです。凍結した道や雪道を走ることにおいて、一般のタイヤと冬タイヤでは性能が大きく異なります。日本の安全な交通環境を支えるためにも、今こそ冬タイヤの導入が必要なのではないでしょうか。

冬の運転は危険に満ちている

統計からも分かるように、冬の悪天候のなか運転することは非常に危険です。アメリカ連邦道路管理局の統計によると、凍結や雪による怪我人は毎年10万人にも及び、さらに1,300人が事故により死亡しています。さらに冬季の雨やみぞれなどの際には怪我人は76,000人、死亡者は900人にもなるそうです。冬タイヤはこれらの危険な事故からドライバーやその家族を守るのに大いに役立ちます。

冬タイヤは安全装備の基本である

冬タイヤはシートベルトやチャイルドシート、エアバッグやABSシステムと並ぶ基本的な安全装備の一つ。冬タイヤやスノータイヤの安全性は非常に重要です。冬タイヤを買わないとどうなるか?では、およそ36,000キロにおける時速0キロから時速およそ65キロまでのブレーキングの違いについて考えてみましょう。この場合トレーラーや標準車ではおよそ13メートル。冬タイヤと標準タイヤを装着している場合としていない場合では、同じ車で同じスピードで走ったとしても、それと同等もしくはそれ以上のブレーキングの差が生まれます。その性能の高さからアメリカ、ヨーロッパさらに日本では法律で全ての車両にABSシステムの搭載が義務づけられており、米国運輸省道路交通安全局の実験によるとABSを搭載した車両はおよそ6.7メートルの地点で停止することを発見しました。これは濡れている路面でABSシステムが搭載されていない車で時速およそ95キロで走った場合よりも短くなります。しかしそれでも、冬タイヤを装着して冬の道を走った場合を他の一般タイヤと比較したメリットに比べると、そのメリットは非常に少ないと言えるでしょう。

冬タイヤの装着は非常に簡単!

冬タイヤはタイヤ愛好家や自動車愛好家のためだけのものではありません。一度冬タイヤやスノータイヤを使ったら、もう手放すことはできないでしょう。秋になると冬タイヤの準備をするというのは、冬の安全運転を享受するための定番行事となるはずです。

一度冬タイヤにしたら他のタイヤを冬に使うのは不可能!

多くのドライバーが初めて冬タイヤを使う時の反応を表すと本当に「オーマイガー!」という感じ。私たちは、みなさんの冬の運転が安全で前向きなものであるよう祈っています。もし冬タイヤをお探しの場合は、ぜひお気軽に (048-797-2601)までお問い合わせください。