多くの人が中古タイヤを購入するのを好むのは、主に2つの理由からです。中古タイヤを購入する一番の理由はコストです。明らかに中古タイヤのコストは新品タイヤの半分以下で、多くの人にとって経済的に優しい選択となっています。

もう一つの理由は環境です。中こタイヤのリサイクルはとても難しく、遅かれ早かれゴミ置き場がいっぱいになってしまいます。このような無差別なタイヤの投棄は、地球の大気に有害であり、その影響も甚大です。

どちらの理由を好むかに関係なく、中古タイヤは大きなビジネスであるという事実があります。毎年3000万本以上の中古タイヤが販売されていると推定されています。

中古タイヤを購入することは、環境のためだけでなく、お財布にもお得に見えるかもしれませんが、間違いなくそれに伴ういくつかの安全性の問題があります。すべての中古タイヤが優れているわけではありませんし、事故の危険性もあります。

そのためにもし貴方様が新しいタイヤよりも中古タイヤを買いたいと思っているのであれば、以下にいくつかの安全面、特に購入時に何をチェックすべきかを覚えておく必要があります。

安全ガイド, 中古タイヤ購入ガイド, 安全情報, タイヤショップ, 情報, 中古タイヤ, タイヤ

何が中古タイヤを危険にしているのか?

中古タイヤには法律で定められた基準がないため、タイヤの状態や安全性に違いがあります。中古タイヤの収集、検査、転売のための合理化されたプロセスがないため、同じ転売業者が販売しているタイヤでも品質に大きな差があります。

転売業者の中には、時間をかけてタイヤを1本1本丁寧に点検し、安全なタイヤだけを扱っているところもあります。残念ながら、すべてのタイヤの転売業者が慎重なわけではないので、購入者としては、訴えられたタイヤを購入する際には注意が必要です。

この議論では、重要な疑問が浮かび上がってきます-何が中古タイヤを安全でないものにするのでしょうか?

中古タイヤについては多くの研究や実験が行われていますが、おそらく最も有名なのは、ミシュランのマネージャーの一人が行った非公式の研究です。この研究では、タイヤの外見は素晴らしいが、タイヤの内側に存在するタイヤフィッターと緩いコードが摩耗していることが示されました。

これは、タイヤに十分空気の入っていない状態で走行しているときに起こる現象で、悲しいかな、頻繁に起こります。

最新の調査は、テキサス州の多くの店舗から中古タイヤを購入して査定したゴム工業会(RMA)が行ったものです。その結果は、ほとんどのタイヤが何らかの形で安全ではなく、残りは摩耗していました。安全と判断されたタイヤはほんの一握りでした。

そのため、ゴム製造業者協会など数団体が集まり、テキサス州とフロリダ州での使用済みタイヤの販売を禁止する法案を提出しました。

以上の研究から明らかなように、中古タイヤは一般的に安全ではなく、購入者は慎重に安全かどうかを判断すべきです。

中古タイヤの何を見れば良いのか?

中古タイヤには、それぞれメリットとデメリットがあります。中古タイヤが提供するメリットを最大限に活用するためには、デメリットを識別することが重要であり、その過程で、貴方様はタイヤについてより良い意思決定を行うことができるようになります。

中古タイヤを購入するなら、買い手としての責任が貴方様にあります。タイヤを徹底的にチェックし、それがどのような方法でも破損していないことを確認し、再び道路に十分フィットすることを確認しなければなりません。

時間か知識の不足で間違った購入の決定をしても、その結果の責任は貴方様1人にあります。

買い手として、中古タイヤを購入する前に確認するべきことをいくつか紹介します。

路面を確認する

まずは、外面と内面に傷がないかどうかをご確認ください。もし切り傷やバンプがあれば、ご注意ください。これらの切り傷やバンプがあまりにも多く、頻繁な場所にある場合は、そのタイヤは全く販売のための準備ができていないことを示しています。

これは中古タイヤを買う際、貴方様がすべき最初のテストです。タイヤがこのテストに合格しなければ、他のテストをして時間を無駄にすることことがありません。

トレッドの深さ

トレッドの深さとは、トレッドゴムの上部からタイヤの最も深い溝の底までの垂直方向の測定値のことです。アメリカでは、このトレッドの深さを1インチの32分の1で確認するのが経験則となっています。

つまり、タイヤの上に1ペニーを置いて、リンカーンの頭が見えていれば、トレッドの深さは32分の2インチしかないということになります。これがアメリカでは摩耗したタイヤとされています。

タイヤのトレッドの深さをチェックするにおいて、最も速く、最も人気のあるものがペニーテストです。リンカーンの頭を下に向けてトレッドブロックの間の隙間に1ペニーを置きます。

前大統領の頭が覆われていれば、タイヤはテストに合格したことになります。リンカーンの頭が全部見えるなら、そのタイヤから離れてください。

ペニーをお持ちでない場合は、トレッドブロックの間に指を差すこともでもできます。使用可能なタイヤは、トレッド面の下に沈んでいる小さな台を感じることができるはずです。

言い換えれば、貴方様の指の中に何かを感じることができるはずです。そうでなければ、そのタイヤははげていて使い物になりません。

以上の2つは、トレッドの深さを確認するための非公式なテストです。正確な測定値を得たい場合は、ゲージを使って測定ください。インチの32秒単位で測定する安価な機械式プローブです。

このゲージをトレッドブロックに挿入して、読み取り値をチェックします。それが2点以下であれば、このタイヤは買う価値がありません。

ストのためのこれらの 3 つの方法のいずれかを選ぶことができますが、最も簡単なのはペニー テストです。ゲージは、たとえ安価であっても、いくらかお金がかかる可能性がございます。

しかしそれと同時に、最も正確な結果を与えるとも言えます。トレッドテストにどの方法を選ぶかは個人の好みによりますが、タイヤの状態を特定できさえすれば問題ありません。

 安全ガイド, 中古タイヤ購入ガイド, 安全情報, タイヤショップ, 情報, 中古タイヤ, タイヤ
露出したコード

コードがタイヤの全側面に露出している場合は、そのタイヤがすでに過剰に使用されていることを意味します。

一般的に、不規則な摩耗によりタイヤ内部のスチールコードが露出することがあります。コードの露出には多くの原因があります。

  • 空気圧が悪いと、空気圧が高いところと低いところがあるので、タイヤがすぐに摩耗してしまいます。これによりバランスが変化し、特定の部分により多くの歪みが生じる可能性があります。
  • 車のホイールが曲がると振動が発生し、ホイールの輪郭が変化します。タイヤはホイールの形状や輪郭に追従していますので、タイヤの形状が変わればタイヤにも影響を与えます。
  • タイヤの位置合わせが悪いと、一部のタイヤに他のタイヤより多くの負荷がかかり、これもまた一部のタイヤを摩耗させる原因となってしまいます。

これらすべての要因がタイヤの形状と輪郭を損傷し、その結果、コードが露出します。もしコードを見たら、タイヤの摩擦が少ないということです。コードの露出が多いほど牽引力は低くなります。コードの露出が多いと、ブレーキをかけるときに必要なグリップが得られません。

スチールベルトの剥がれ

中古車のタイヤを購入する際には、サイドウォールやネジ面に段差などの凹凸がないか、よく見るようにしましょう。これらの凹凸は、車内のスチールベルトからゴムがはがれる際に発生します。

タイヤの表面に手をかざすと、この凹凸を感じることができます。目安としては凹凸を感じれば感じるほど、タイヤが摩耗している可能性が高くなります。もし滑らかで、任意の段差を見つけることができないなら、飛び込んでタイヤを買いましょう。

ビーズの破損を探す

新品または中古のタイヤを購入する際には、ビード部分を確認してください。これらの部分は、特にタイヤがホイールに接触する部分では、2つの厚いゴムのリングにすぎません。

その部分に大きなゴムの塊が欠けていたり、他の損傷があったりすると、買ってもタイヤがスムーズに動かないということです。そのようなタイヤには近づかないほうが賢明です。

ライナーの損傷

ライナーの損傷は一般的であり、他のタイプの損傷と比較した場合、目視できにくくなっています。ライナーの損傷を特定するには、側壁の周りの摩耗の縞を探しましょう。

この縞が柔らかいように見える場合、またはゴム粉が多く付着している場合は、ライナーが損傷していることを示しています。

パンク

もう1つ注意すべき点は、パンクです。ほとんどの人は外側の穴だけを探す傾向があります。

しかし、良いタイヤを得るため、もしくはパンク修理のためには、内側と外側と両方を見る必要があります。そのような検査の際、修理の多さに気づいたら、そのタイヤには近づかないようにしましょう。

一般的に、適切な修理とは、内側にもパッチが付いているものです。もしプラグがあった場合、パンクが完全に修理されていないということですので、同じ場所でパンクする可能性がございます。

言うまでもなく、大きな穴やパンクがあるタイヤは安全ではないので避けてください。

老朽化したタイヤ

今日、たくさんの老朽化したタイヤが転がっていますので、簡単にそれらを見つけることができるはずです。ここでは、古いタイヤであることを示すサインと、近づかない方がいいタイヤをご紹介します。

  • タイヤは内側から劣化します。まずタイヤの内側を確認してください。すり減っているしるしがあれば、タイヤが老化しているか、老化が進んでいるということです。
  • タイヤの識別番号が購入したタイヤに表示されています。このタイヤ識別番号の前には 「DOT」 という文字が付いています。一部の転売業者がこれらをこすり落としてしまうことがあるため、この番号をサイドウォールで探してみてください。TINの最初の2つの数字または文字はタイヤが製造された工場を示しています。次の4つの数字は、タイヤがいつ製造されたかを示しています。一般的に0810と書いてあるのは、このタイヤが2010年の第8週に製造されたという意味です。このTINを見ればタイヤの製造年月日がわかるので、製造年月日に合わせてタイヤを決めてください
  • 6年以上前に製造されたタイヤは購入しないようにしましょう。
  • 老朽化したタイヤはサイドウォールに小さなヒビが入っています。サイドウォールをよく見て、フレックスポイントの近くやトレッドブロックの間に小さなひび割れが見られたら、これは購入に適したタイヤではありません。
  • 残念ながら、一部の転売屋は、老朽化したタイヤを塗装して新品のように見せようとします。そのような場合、TIN 番号やサイドウォールのヒビを見分けることができません。転売屋がTINを隠すことに慎重になるように、具体的にTINを聞いてみましょう。
 安全ガイド, 中古タイヤ購入ガイド, 安全情報, タイヤショップ, 情報, 中古タイヤ, タイヤ

これらの側面のいくつかは、特にこれまでにその確認を行ったことがない場合、少し厄介なことでしょう。そうであったとしても、これらの確認はあなたの車の寿命は言うまでもなく、あなた自身とあなたの家族の安全を確保するために必要不可欠です。

摩耗したタイヤで走ると、事故のリスクが高まるだけでなく、車の寿命も短くなってしまいます。このような理由から、中古タイヤを購入する際には、どのように、何をチェックする必要があるのかをご理解いただき、どのようにして老朽化したタイヤやあまり質の良くないタイヤに近づかないようにできるのかを理解することに時間を費やすのが一番です。

中古タイヤを買うならtirenaviが一番です。安全かつ7日間の返金保証付きでございます。

Tirenaviはサイズも豊富ですし、タイヤ交換もTirenaviに登録している整備士たちが手掛けられるようになりました。

こちらに関しては以下の通りです。