新車販売ランキングで上位を占める軽ハイト ワゴン は、軽自動車のスタンダードといっても過言ではないくらい人気があり、普通車から乗り換えるユーザーも増えているといいます。実際に乗り換えたユーザーにその魅力を聞いてみました。

新車市場の人気は軽ハイトワゴンが独占!?

 1993年に登場したスズキ初代「ワゴンR」の大ヒット以来、軽自動車の主流となったカテゴリが、全高1600mmから1700mmの「軽ハイトワゴン」です。

 その後、全高が1700mm以上ある軽自動車の「軽スーパーハイトワゴン」が登場し、人気を不動のものにしています。これらのモデルが支持されている理由とは、なんなのでしょうか。

日本で一番売れてるホンダ「N-BOX」

 2019年1月から12月の軽自動車の新車販売ランキングでは、ホンダ「N-BOX」が25万3500台でトップ。以下、ダイハツ「タント」が17万5292台、スズキ「スペーシア」が16万6389台と続き、スライドドアを備えたスーパーハイトワゴンが上位を独占しています。

 また、トップ10のうち、7台が軽ハイトワゴン、もしくは軽スーパーハイトワゴンです(全軽自協統計)。

 軽ハイトワゴンの注目車種であるホンダ「N-WGN」は、2019年8月に発売されましたが、電動パーキングブレーキの不具合登場からわずか2か月で生産を一時的に停止。この不具合がなければ、N-WGNがトップ10に加わっていたことでしょう。

 なお、登録車の新車登録台数年間トップ(自販連統計)は、トヨタ「プリウス」の12万5587台でしたが、軽自動車トップのN-BOXが25万台なので、プリウスの2倍も売れているのです。

※ ※ ※

 中古車においても軽ハイトワゴンは人気があります。ただし、中古車では、軽ハイトワゴンだけでなく、スズキ「ジムニー」や軽ワンボックスの人気も高いため、新車ほど軽ハイトワゴン1強という状態ではありません。

REF* https://kuruma-news.jp/post/217239