シボレー は2020年1月13日、新型「 コルベット 」が2020北米カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したことを発表しました。

第一線のジャーナリストから圧倒的支持を獲得

 シボレー新型「コルベット」が、アメリカとカナダのジャーナリスト50名で構成される選考委員会によって「2020北米カー・オブ・ザ・イヤー」に選出されました。

 革新的なミッドシップエンジンレイアウトの採用に加え、その洗練されたデザインと快適かつ圧倒的なパフォーマンスを実現したことが受賞の理由です。

2020北米カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したシボレー新型「コルベット」

コルベットはかつて、1998年の5代目、そして2014年の7代目にもこの賞に輝いており、今回で3度目の受賞となります。

 2020年1月13日にデトロイトのTCFセンターでおこなわれた授与式に参加した、GMのエグゼクティブチーフエンジニアのタッジ・ジェクター氏は受賞について次のように話します。

「このように素晴らしい賞に選んでいただき大変うれしく思っています。

 我々のチームはこのクルマに全身全霊を注いできました。それだけに、この栄誉ある賞をいただくことができてすべての努力が報われた気持ちです。

 審査員の方々と同様に当社顧客の皆様にも大いに新型『コルベット』を気に入っていただけるものと確信し、実際に乗っていただけることを心待ちにしています」

※ ※ ※

 北米カー・オブ・ザ・イヤーは、革新性、デザイン、安全性、パフォーマンス、テクノロジー、ドライバーの満足度、バリューの観点から優れた自動車に贈られる賞です。

 審査は、米国およびカナダを拠点に、雑誌、テレビ、ラジオ、新聞、ウェブサイトで活動するフリーランスの自動車ジャーナリスト約50名によっておこなわれ、候補モデルを評価した後、個別に監査法人デロイト社を介して投票をおこない、各部門のファイナリストと受賞車が決定されます。

 北米カー・オブ・ザ・イヤーのプレジデント、ローレン・フィックス氏は、2020年モデルのコルベットについて、「アイコニックなブランドの新たな時代を象徴する1台であり、市場からの盛り上がりも圧倒的です。ジャーナリストとしての視点からも、これこそが『北米カー・オブ・ザ・イヤー』であることを体現する、GMが手掛けた最高傑作のひとつといえます」と述べました。

 新型コルベットは、米国ケンタッキー州のボウリング・グリーン工場で2020年2月から製造を開始。日本での販売に向けた最終的な仕様と価格は2020年7月に決定され、2021年春以降のデリバリーが予定されています。

 なお、コルベットの歴史上初の右ハンドル仕様も追加される予定です。

REF* https://kuruma-news.jp/post/217867